top

In an age of global environmental demise, Christians are called to live with excellence. To be those people who chart their futures by what they can give to the next generation-not by what they can take from it. To be men and women whose lives are defined by the courage and compassion to make a difference on the earth.
Target Earth is a national movement of Christians who reflect this commitment to care. It’s a movement of individuals, churches, college fellowships and Christian ministries motivated by the biblical call to be faithful stewards of everything God created-to love our neighbors as ourselves and to care for the earth.

Through the efforts of this movement’s members, Target Earth is active in 15 countries — buying up endangered lands, protecting people, saving the jaguar, sharing the love of Jesus, feeding the hungry, and reforesting ravaged terrain. We are a movement that is marked by a spirited desire to live a life of value. And a belief that Christians have a unique role in today’s world that is so pressed by poverty, destruction and violence.

The mission of Target Earth is “Serving the Earth, Serving the Poor.” We focus on those regions of the world that are most devastated by the mix of human suffering and the destruction of the earth where people live on a dollar a day or less. Our devotion to God, who created and sustains all the world through Christ, calls us to work for a sustainable future where love and justice prevail; where all creation reflects the glory and extravagant handiwork of God; where our service to the earth addresses every form of ecosystem degradation; and where our service to the poor provides tangible hope to the children of future generations and dignity and justice to the oppressed of today.

The vision of Target Earth is to involve as many people as possible in the service of the earth and the poor. Our primary emphasis takes people to the most devastated regions of the world, while ultimately, we look to serve the earth and the poor in every nation and community on the earth.
Service projects and internships provide people opportunities to directly address poverty and the destruction of the earth.
Conservation programs protect endangered ecosystems and their inhabitants.
Academic programs train people for intelligent, compassionate and effective service to the earth and the poor.
Research and Education Centers advance the critical understanding of how best to serve the earth and the poor in specific regions of the world.
Field Stations provide local staging areas for targeted research and service projects.
Community Centers serve as the new local “town halls” that bring together spirited, voluntary community action on behalf of the earth and the poor.
Strategic Alliances with other Environmental NGOs and Christian organizations help us to improve our service, research and education efforts on behalf of the earth and the poor.
Resource Tools build a greater awareness of the personal, cultural, spiritual and global issues affecting our motivation and ability to serve the earth and the poor.
Environmental Technology models sustainable living that provides justice for the poor and has minimal impact on the earth.
Outdoor Awareness Programs introduce people to the wonders of creation and the challenges of environmental degradation.
IN ALL ASPECTS OF OUR WORK, Target Earth will model devotion to God, concern for the lost, compassion for the poor, partnership with other organizations, respect for God’s creation, passion for excellence in our labor, and a spirit of humility in our hearts.

乳酸菌は、類似の特性を有する有益な細菌の大規模なグループに属しています。

任意には、乳酸の代謝最終生成物を形成します。これらは、自然界に広く存在し、またヒトの消化管に見られます。

最高の発酵乳製品の製造における乳酸菌の役割のために知られているが、彼らはワイン醸造工程における焼成に使用される野菜、の保全や魚、肉やソーセージの塩漬けのためでもあります。

科学的背景がなければ何千年もの間使用され、人々は無意識のうちに乳酸菌が生鮮食料品を生産するために、または特定の風味または特性の整合性を有する製品を得るためにことを知っています。

今日は乳製品の様々な意図的にこの小さな同盟国を置きます。

これは、ケフィアとヨーグルトやチーズなどの固体製品などの半固体製品などのドリンクが含まれています。

製造方法は、乳糖(ラクトース)を乳酸に変換する代謝過程に基づいています。

増加酸性度が乳タンパク質の構造を変化させていると牛乳を凝固させ、したがって、特定の一貫性に貢献しています。

このような牛乳自体の温度および組成などの他の要因が、これはまた別の製品の典型的な特徴に寄与する負うものとします。

乳酸は乳製品と心地よい酸味を発酵させます。追加の特徴風味成分および香料は、しばしば、乳酸菌の代謝副産物に起因します。

ジアセチルは、様々な乳製品バターの味を担当していながら、だからアセトアルデヒドからヨーグルト特有の風味を導出します。

また、スターター培養物は、非常に特定の味を達成するために、例えば、酵母のような他の微生物を含有することができます。

従って、酵母アルコールと二酸化炭素によって生成ケフィアまたは新鮮で見事な味に寄与する。

そのような乳清を除去するか、味を追加するなど、他の方法には、さらに多くの乳製品の範囲を拡張します。

ときヨーグルト発酵作業二つの文化、ストレプトコッカス・サーモフィルス及びラクトバチルス・ブルガリクス一緒に、成長にお互いを刺激します。

結果は、より短い発酵時間、唯一の培養物が使用されるものとは異なる特性を有する製品です。

ヨーグルトやその他の発酵乳製品では、私たちの腸内細菌叢にプラスの影響を与える大きな可能性プロバイオティクスの使用効果的な文化があります。

このような製品の世界市場は、常にますます健康志向の消費者からの需要による成長しています。

参照:乳酸菌とオリゴ糖を含む善玉菌サプリ・・・乳酸菌は、唯一の重要な経済的重要性の特殊なも私たちの健康を維持し、向上に寄与することができません。

したがって、それらは私たちのために必ずしも悪くない微生物の優れた例です。

乳酸菌は、乳酸に乳糖を変換して乳酸を作ります。

乳酸は、小さなビーズに乳タンパク質契約を引き起こします。

食品メーカーは、エフェクトを使用:乳酸菌がなければ、そこにいなくてもヨーグルトバターやチーズでしょう。

風味をもたらす細菌

多くの異なったチーズとチーズカウンター。

乳酸菌チーズなしなし凝固し牛乳とクリームフレッシュは、乳製品をマイルドな風味を与える乳酸菌を用いて調製することができます。

これらの細菌は、約20℃の穏やかな周囲温度を好みます。

好熱性乳酸菌:誰が他の細菌株を必要とする、ヨーグルトを作りたいです。これらには、酸味、より苦味を生じる、最大35℃の温度を好みます。

プロバイオティクスは議論のあります

でもプロバイオティクスの名前の後に乳酸菌を非表示にします。

それらは、特に堅牢であることで区別されます。胃や胆汁酸のいずれも、これらの細菌はあなたに害を与えることができます。

このようなヨーグルトや牛乳飲料などの食品の製造業者は、長いプロバイオティクスは、免疫システムを強化することをアドバタイズしています。

しかし、それらのどれも欧州食品安全機関(EFSA)が見つけた方法を実証することができませんでした。免疫系にプラスの効果を約束する広告は、2012年12月デザインから禁止されています。